Sweet_Memory_2018-2019
154/212

申込番号10F-492 本体 ¥3,000 +消費税魯山人写しの器 組盛鉢 ● φ16×H6.6㎝×2● 箱寸法:17.8×15.7×17.4㎝ 16入 (木箱) A-A5 w 申込番号10F-491 本体 ¥3,000 +消費税魯山人写しの器 おもてなし揃 ● 盛鉢φ16×H6.6㎝ 盛皿φ19.1×H2.7㎝×各1  小皿9.8×11×H3㎝×4● 箱寸法:20.2×20.2×8.6㎝ 16入 (化粧箱) A-B5 w 申込番号10F-493 本体 ¥5,000 +消費税魯山人写しの器 五様たっぷり茶呑碗揃 ● φ10.4×H7.3㎝×5● 箱寸法:34.7×17.4×11.8㎝ 12入 (木箱) A-B4 w 申込番号10F-490 本体 ¥3,000 +消費税魯山人写しの器 取り分け揃 ● 小皿11×9.8×3㎝ 盛皿19.5×16×4.2㎝● 箱寸法:20.9×17.2×8.4㎝ 16入 (化粧箱) A-A5 w 明治16年3月23日、京都上賀茂の社家に生まれる。陶芸、書道、篆刻、画家など幅広い分野で天才ぶりを発揮。美食が高じ会員制「美食倶楽部」「星岡茶寮」を創業。「食器は料理の着物である」という信念のもと、そこでする一切の料理を創案、食器も自ら製作した。北大路 魯山人陶芸家であり美食家としても知られる魯山人。 使用する食器一切を創案製作したと言われ、その自由闊達な作風は、今もなお憧憬の的。 その魯山人の器を写し取り、美濃焼の技術で、現代に蘇らせました。魯山人 写しの器JAPAN BRANDRosanjinF72このページの商品は在庫を必ずお問い合わせ下さい。

元のページ  ../index.html#154

このブックを見る